SSブログ
前の5件 | -

「1/72 零式艦上戦闘機 52型」編。このブログで使った言葉。 [このブログで使った言葉]


このページは「1/72 零式艦上戦闘機 52型」について書いた時の専門用語などまとめて書きます。


模型用語。


DSCN7816.JPG
ランナーからパーツを切り離しています。
・ランナー=パーツが付いた板状の枠のこと。
・パーツ=部品。


DSCN7825.JPG
胴体をマスキングして塗装の準備をしています。
・マスキング=紙やテープで覆うこと。塗装したい部分を残してマスキングします。



DSCN7952.JPG
水に浸したデカール。
・デカール=転写シールのこと。水に浸して紙からシールを剥がしプラモデルに貼り付けます。



飛行機の専門用語。
DSCN7865.JPG
筆で塗ったパーツです。ピトー管。
・ピトー管=風速を測る計測器。



DSCN7883.JPG
組立てが終わった零戦のエンジンです。
・エンジン=エンジン。原動機。



DSCN7909.JPG
・主翼=翼。



DSCN7939.JPG
キャノピーです。
・キャノピー=操縦室の天蓋。



DSCN7949.JPG
増槽タンクも取り付けました。
・増槽タンク=燃料タンク。



模型用語と飛行機用語を写真と一緒に載せました。
これで少しは分かりやすくなったのではないかと思います。
私は模型作りのブログを書き続けているのに、模型用語や飛行機用語は全然わからない言葉ばかりで、使うたびに「これは?」と検索して探したり調べたりしなくてはなりません。
これは苦労のひとつなのですよ。すぐに忘れちゃうし。



次のページは「1/35 陸上自衛隊 10式戦車」を作っていた時の模型用語や専門用語についてまとめて書きます。この時も分らない言葉ばかりで苦労したのですよ。



いつもコメントを有難うございます。励みになります
kousakuさま。これからも宜しくお願いします。



タミヤ 1/35 RC タンクシリーズ 陸上自衛隊 10式戦車 専用プロポ付き 48215

タミヤ 1/35 RC タンクシリーズ 陸上自衛隊 10式戦車 専用プロポ付き 48215

  • 出版社/メーカー: タミヤ(TAMIYA)
  • 発売日: 2018/11/30
  • メディア: おもちゃ&ホビー
フジミ模型 1/72 ミリタリーシリーズ No.10 陸上自衛隊 10式戦車 2両セット プラモデル ML10

フジミ模型 1/72 ミリタリーシリーズ No.10 陸上自衛隊 10式戦車 2両セット プラモデル ML10

  • 出版社/メーカー: フジミ模型(FUJIMI)
  • 発売日: 2019/03/29
  • メディア: おもちゃ&ホビー
タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.208 陸上自衛隊 90式戦車 プラモデル 35208

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.208 陸上自衛隊 90式戦車 プラモデル 35208

  • 出版社/メーカー: タミヤ(TAMIYA)
  • 発売日: 1996/07/11
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(87)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「十八試局地戦闘機 震電」編。このブログで使った言葉。 [このブログで使った言葉]


模型を作らない私ですが夫の作る模型をブログに書いていると専門用語など書くようになります。

普段は使わない言葉ばかりですからね。一度は使っても忘れちゃうのです。

なのに模型について書いているとまた必要になる言葉なのです。

自分のおさらいも兼ねて書き並べてみようと思います。


このブログで使った言葉。「十八試局地戦闘機 震電」編。


飛行機用語。

・主脚=飛行機の主な車輪と脚です。

・前脚=機体の前方にある車輪と脚です。

・主翼=機体の大きな翼のこと。

・コックピット=操縦室。

・操縦桿=操縦するためのハンドル。

・操縦席=座席。

・キャノピー=操縦室の天蓋。

・車輪=タイヤ。

・ホイール=車輪のホイール。

・胴体=機体。

・プロペラ=プロペラ。

・エンジン=エンジン。

・垂直尾翼=垂直に立っている尾翼のこと。

・前方=機首。

・酸素ボンベ=戦闘機の座席の後に酸素ボンベがありました。


模型用語。

・パーツ=部品。

・ランナー=パーツが付いた板状の枠のこと。

・ゲート=パーツとランナーを繋ぐ細い部分です。ハサミで切り易くなっている部分のこと。

・バリ=パーツをランナーから切り離すとパーツに残る部分のこと。

・バリ取り=ランナーからパーツを切り離した後に残った部分をヤスリなどで綺麗にすること。


・塗装=色を塗ること。

・マスキング=覆うこと。

・マスキングテープ=塗装の時に使うテープ。

・エアブラシ=塗装する道具。


・震電=十八試局地戦闘機。




DSCN8081.JPG
この写真は2020年4月5日に撮りました。これが「震電」です。
プロペラが後方に付いている戦闘機です。
これでB29が飛ぶ高さまで一気に飛び上がれるようになりました。


下の写真は「1/72 三菱A6M5 零式艦上戦闘機 52型」です。

DSCN7954 (2).JPG

2020年3月29日撮影。完成しました。




このページは「十八試局地戦闘機 震電」を作っていた時に私がブログで使って書いた言葉を書き並べました。

分っていそうで分らない飛行機用語と模型用語なのでおかしな表現かもしれません。

作る模型が変わると使う専門用語も変わってきます。


次回は「1/72 零式艦上戦闘機 52型」で使った言葉を集めてみたいと思います。









nice!(69)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメントを有難うございました。これからのこと。 [1/350 戦艦長門]


おはようございます。

昨日で「戦艦長門」の更新は終わりましたが、このブログは閉じるわけではないので更新は続きます。


いつもコメントを有難うございます。励みになります。

tomi_tomiさま。全長が60㎝以上。これは大きいです。今は赤城と一緒にケースに入れて飾っています。

JUNKOさま。いつも有難うございます。模型作りは見ているだけでも楽しいですよ。

青い森のヨッチンさま。新しいブログも宜しくお願いします。引っ越しではないのでこのブログも宜しくお願いします。

川崎工場長さま。いつも応援コメントを有難うございます。夫は模型作りに夢中なんです。


DSCN1526.JPG


今後は模型作りのブログを更新する体験談など書いていきます。


専門用語で苦労したこと。パーツの名称で苦労したこと。機械と縁遠い生活ですから「これはなに?」で苦労したこと。その他いろいろ。

女性の目から見たモロモロなど書きたいと思っています。











nice!(110)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

(41)1/350 戦艦長門を作ります。完成です。新しいブログのお知らせ。 [1/350 戦艦長門]


夫が作る戦艦長門が完成しました。


DSCN2235.JPG



DSCN2236.JPG



DSCN2237.JPG



DSCN2238.JPG



DSCN2240.JPG



DSCN2241.JPG



DSCN2242.JPG

2021年2月4日に完成しました。



DSCN3995 (2).JPG



DSCN3995.JPG

上の2枚は2021年5月5日に撮影しました。



いつも励ましのコメントを有難うございます。

青い森のヨッチンさま。有難うございます。作るのは夫ですので伝えておきます。(私が褒められたようで嬉しくなります。)

ヨッシーパパさま。そうなんです。とても小さな飛行機なのです。これからも宜しくお願いします。



ところで、この「模型作りのブログ」は写真がいっぱいになってしまいました。



次からは新しく作っておいた(本当は写真の保存場所だった?)「模型作りのブログⅣ」で引き続き更新をしていきます。

これからもこの「模型作りのブログ」と新しい「模型作りのブログⅣ」を宜しくお願いします。

閉じるわけではないけれど寂しいです。

皆さま、今まで有難うございました。

明日は「模型作りのブログⅣ」でお会いできるのを楽しみにしています。



■作る模型=1/350 日本海軍 戦艦 長門 昭和一六年 開戦時

■模型の大きさ。全長=643㎜ 全幅=110㎜ 全高=151㎜ 

■部品点数=847点

■メーカー=ハセガワ

■製作期間=2020年12月28日~2021年2月4日


◆模型を作る人=夫(模型を作るのが楽しい人。)

◆ブログの管理人=私(毎日が楽しい人。)











nice!(98)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

(40)1/350 戦艦長門を作ります。艦載機を作ります。 [1/350 戦艦長門]


夫が作る模型「1/350 戦艦長門」について妻の私が書いています。

このページは戦艦長門の艦載機を完成させます。



DSCN2210.JPG

艦載機の塗装は筆でしています。夫は「上手じゃない」と言っています。



DSCN2223.JPG

机の上に置いてあった艦載機のパーツです。機体と主翼と水平尾翼とタンクと爆弾です。

私がついミサイルと書いてしまいそうになる爆弾について・・・当時はミサイルなんてありません。



DSCN2224.JPG

これは組み立てた艦載機です。「九五式 水上偵察機」



DSCN2225.JPG

写真をカットして大きくして見ました。



DSCN2227.JPG

主翼の上に日の丸のデカールを貼りました。



DSCN2228.JPG

機体にも日の丸が見えますか?



DSCN2229.JPG

これはフラッシュ撮影した艦載機です。



DSCN2230.JPG

艦載機の大きさはこれくらい。綿棒で水平尾翼のデカールの位置を直しています。



DSCN2231.JPG

これで艦載機の1機が完成しました。



DSCN2232.JPG

これは残りの艦載機です。



DSCN2233.JPG

ピンセットで水平尾翼にデカールを貼っています。


このページの写真は2021年2月3日に撮影しました。

次のページで戦艦長門は完成します。







■作る模型=1/350 日本海軍 戦艦 長門 昭和一六年 開戦時

■模型の大きさ。全長=643㎜ 全幅=110㎜ 全高=151㎜ 

■部品点数=847点

■メーカー=ハセガワ

■製作期間=2020年12月28日~2021年2月4日


◆模型を作る人=夫(模型を作るのが楽しい人。)

◆ブログの管理人=私(色んな事があるけれど毎日が楽しい人。)











nice!(103)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -